ロープの結び方
先端に輪を作る「もやい結び」

もやい結びは対象物に直接結び付けずに、輪を掛けるような感じで結びます。

MEMO
■長所 ・強度が高い
・比較的簡単
・応用範囲が広い

■短所 ・なし

1.もやい結びの結び方

手順1

元側をひねって中間に小さな輪を作ります。

手順2

端を輪にくぐらせてから、元側のロープの下に通します。

手順3

下をくぐらせたロープの端をもう一度輪に通します。

手順4

元、端の両方をそれぞれ引っ張り、結び目を締めます。

手順5

結んだ後は輪の大きさは変わりません。
ものの上げ下げや吊ったりする際に便利です。
応用範囲が広く強固なので「結びの中の王様」とも呼ばれています。


関連情報:
・ロープの結び方

・ロープの結び方-応用編-

関連商品: