ふすまの張り替え・のりで張る


関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

はじめに・・・

本格的な仕上がりを目指すなら、のり付きタイプがお勧めです。
枠を外した方がきれいに仕上がりますが、今回は外さずに行いました。
水やのりが床、畳に付かないように、シートを敷いて作業すると良いでしょう。
マスキングテープを張るところまでは、アイロンタイプと同じです。



のり付きタイプを使ってやってみよう

写真(手順1)

1.のりをのばす

写真 ふすま1枚で約400ccの水を使います。ふすま紙に直接水をかけ、スポンジで8の字を書くようにのりをのばします。
紙が水を吸収するまでおよそ5分ほど待ちます。水分で紙をのばしておくと、乾燥した時にしわになりません。
MEMO
ふすまよりも大きめに折り目を付けておくと、水やのりが下に垂れにくくなります。
写真(手順2)

2.ふすまに張る

位置を確認しながら、ふすま紙を張ります。柄のある方からふすまの上に置いていきます。二人で呼吸を合わせて作業を行いましょう。
写真(手順3)

3.ハケでならす

力を入れすぎないように、ふすまの中心から外方向に向かってハケを動かし、紙をならします。
 

4.余分な紙をカットし完成

乾燥するまでおよそ30分くらい待ち、余分な紙をカットします。湿ったまま行うときれいに切れません。やり方はアイロンタイプと同じです。
マスキングテープをはがして完成です。

関連情報:

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー