みず菜の育て方

MEMO
みず菜・・・アブラナ科
原産地:京都を中心とした関西地方

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

旬や米利

菜園カレンダー

みず菜とは

アブラナ科の1〜2年草で、古くから京都を中心とした関西地方で栽培されていました。「京菜」、「千筋京水菜」とも呼ばれており、関西地方では冬のなべ料理の必需品となっています。葉に深い切れ込みがあるのが「水菜」、葉が濃緑色で細長く、切れ込みのないものを「壬生菜」といいます。
サラダでも食べれるやわらかい早生系から葉色が濃く、株張りが良く、抽苔の遅い晩生種まであります。
煮食のほかに漬物として利用できます。

栽培のポイント

土質に対する適応性は広く、弱酸性から中性でよく生育します。
サラダ用の早生種は小株どりを中心に行い、冬のなべ用には耐寒性のある晩生種を中〜大株どりを行います。

発芽適温・生育適温

発芽適温 15〜25℃ 生育適温 15〜25℃ 土壌適応性 ph6.5〜7.0 輪作年限 1年

栽培暦

作業内容

1. 畑の準備

植え付けの2週間前位に堆肥と石灰、油粕・化成肥料等を散布し、よく混ぜておきます。
肥料は生育期間が短いですので、基肥中心に与えてください。

2. タネまき

高さ10p、幅90p程度のベットを作り、20〜25p間隔で棒などを使い溝を作ります。
タネはまき溝に薄くまき、土をかけ、軽く上から押さえます。
土が乾燥しているようならばたっぷりと水をかけてください。
穴の間隔が15〜20p程度のマルチを使い、1穴に3〜5粒まきを行ってもよいでしょう。
また、マルチを使わないで、条間15〜20p、株間15〜20p間隔に1ヶ所3〜5粒の点まきをしてもよいでしょう。

3. 管理

タネまき後、害虫から守るために防虫ネットや不織布でトンネルをかけたり、べた掛けをするとよいでしょう。
タネが生え揃ったら間引きを行いますが、1回目は5p間隔で間引きします。
何度か間引きを行って、最終的には15〜20cm間隔にします。

4. 収穫

草丈が20p程度になり、株が生育してきて大きくなってきたら、お互いの葉が絡む前に間引きを兼ねて収穫を始めます。
適度な間隔を維持できなくなってしまったら、思い切って条間1列を収穫してしまう方法もあります。
冬越しをする耐寒性のある晩生種は、大株になりますので大きさに見合う株間に間引いてください。

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー