夏の福袋

開催中!

特設会場はこちら
マイストア マイストア 変更

おすすめリビングチェア特集いつもの『座る』をランクアップ

おすすめリビングチェア特集

おすすめリビングチェア特集では取り扱いのある商品の中からおすすめの商品をご紹介します。リビングチェアには様々な機能がございます。あなたにぴったりの商品を選びましょう。

おすすめの商品

ポケットコイル座面の回転ハイバックチェア

ポケットコイル座面の回転ハイバックチェア

  • ・引っかいても傷が付きにくい生地を使用。
  • ・座面の高さ約32.5cmと低めの座面でゆったり座れます。
  • ・座面の中材はポケットコイル仕様で快適な座り心地が長持ち。
  • ・360°回転座面で快適な使い心地。立ち座りもラクラク。
  • ・高めの背もたれで首に負担がかかりにくい。
  • ・背もたれ6段階リクライニングでお好みの角度に調整可能。
  • ・背もたれを前面に倒すことができます。コンパクトに収納可能。
脚がのばせるレバー式リクライニングチェア

脚が伸ばせるレバー式リクライニングチェア

  • ・座面の中材にポケットコイルを使用。へたりにくく快適な座り心地が長持ちします。
  • ・座面の高さを3段階で調節可能。約38.5/42.5/46.5cm
  • ・背もたれ8段階リクライニング。手元のレバーで座ったまま簡単に角度調節が可能。
  • ・ヘッド部は14段階リクライニング。読書やテレビ鑑賞がより快適に。
  • ・フットレストで足のむくみ対策に。14段階リクライニングが可能でお好みの角度に調整可能。
  • ・背もたれの高さは約63cmのハイバック仕様。頭まで支えてラクな姿勢をキープ。
  • ・身体を包み込むバケット座面でリラックス。
  • ・ゆるやかなカーブと丸みのある肘掛は、握りやすく力をかけやすいので立ち座りに便利です。
  • ・畳を傷つけないフラット脚。
超軽楽(かるらく)チェア

超軽楽(かるらく)チェア

  • ・軽量なので持ち運びもお掃除の際も軽々移動できます
  • ・軽量なので床を傷つける心配も軽減
  • ・片手でも持ち上げられる約2kg
回転リビングチェア

回転リビングチェア

  • ・立ち座りしやすい高めの座面(約42cm)。
  • ・高めの座面高42cmと360°回転座面で立ち座りラクラク。
  • ・背もたれを前に倒すことができてコンパクトに収納可能。

こちらもおすすめ

機能を見る

主な機能

  • ポケットコイルチェア

    ポケットコイルは、コイルスプリングを1つずつ不織布の小さな袋に入れ、敷き詰めたものです。コイルスプリングが1 つずつ独立して、身体を点で支えるので、身体の凹凸にフィットして体圧が一箇所に集中するのを防ぎます。

  • 回転チェア

    身体の向きを左右にラクラク変えられます。座面が回転することにより身体の向きを楽に変える事ができます。テーブルと合わせて使用する際は、イス本体を動かさなくても楽に立ち座りすることができ、床を傷つける心配もありません。また、狭い場所での使用もオススメです。座面を回転させて立ち座りできるので、設置が省スペースで済みます。

  • 軽量チェア

    片手でラクラク持ち上がる軽量でコンパクトサイズの軽量チェアは、片手で持てる重(2kg/4kg)なので持ち運びがしやすく、移動や掃除などもラクラクできます。ワンルームなどでソファを置くスペースが無い、広いお部屋でも自分だけのリラックススペースを確保したいなど、様々なお部屋にマッチします。

その他機能

  • 背もたれリクライニング
  • サイドレバーで楽々背もたれリクライニング
  • ヘッドリクライニング
  • フットレストリクライニング
  • 体格に合わせて座面高調整可能
  • 長時間座っても疲れにくい寝座椅子など
  • 頭部までゆったり背もたれ
  • 座面中央部に凹みのある座りやすい座面

リビングチェアを選ぶ

リビングチェア選びは、設置場所、用途、デザイン、機能、座り心地、価格、メンテナンスなどを総合的に判断することが重要です。ご紹介するポイントをおさえて自分にぴったりのリビングチェアを見つけて、快適な空間を創りましょう。

リビングチェアの選び方

  • 1.設置場

    1. 設置場

    リビングチェア選びにおいて、第一歩となるのは、設置場所の明確化です。読書やテレビ鑑賞、ワークスペースとしての活用など、用途によって最適なデザインや機能は大きく異なります。設置場所の広さや動線を考慮し、空間との調和を図ることも重要です。

  • 2.デザイン

    2. デザイン

    ダイニングやリビングのコーディネートを考える上でデザインは大切なポイントです。北欧、モダン、ヴィンテージなどのスタイル、素材の組み合わせ、カラーバリエーションからインテリアスタイルに合ったデザインチェアを選びましょう。

  • 3. 座り心地

    3. 座り心地

    リビングチェアは、長時間座ることを想定した家具であるため、座り心地は最優先事項となります。実際に店舗に足を運び、様々なチェアに座り比べることが重要です。背もたれの高さ、座面の高さ、硬さなど、自身の体格や好みに合った座り心地のチェアを選びましょう。

  • 3. 予算

    4. 予算

    リビングチェアは、数千円から数万円まで幅広い価格帯で販売されています。希望するデザイン、機能、座り心地を満たしつつ、予算内で最適なチェアを選ぶことが重要です。様々な商品を比較検討して価格と品質のバランスを慎重に判断しましょう。

機能で選ぶ

  • ポケットコイルチェア

    ポケットコイルチェア

    ポケットコイルは耐久性に優れており長期間使用しても形が崩れにくい特徴を持ち、腰や背中にかかる負担を軽減してくれるメリットがあります。

  • 回転チェア

    回転チェア

    回転チェアは立ち上がる際に椅子を引かずに体の向きが変えられるため、立ち上がりが楽にでき、椅子を動かさないので床を傷つけにくいことがメリットです。

  • 軽量チェア

    軽量チェア

    軽量な椅子のメリットは床へのダメージも気にせず使えることと、掃除の際移動させるときも楽です。

素材で選ぶ

座面のクッション材

座面の中

ポケットコイル

ポケットコイル

ウレタン

ウレタン
通気性
体圧分散性
耐久性
こんな方におすすめ! 丈夫さと体へのフィット感を重視したい方。 包み込まれるような、柔らかい座り心地が好みの方。

リビングチェアのメンテナンス

1. 素材に合わせた適切なクリーニング

リビングチェアには、布、革、木など、様々な素材が使われています。素材によって適切なクリーニング方法は異なるため、まずチェアの素材を確認しましょう。布製チェア: 中性洗剤を溶かしたぬれタオルで拭き掃除を行います。シミがある場合は、専用のシミ抜き剤を使用します。革製チェア: 革専用のクリーナーやクリームを使って、定期的にメンテナンスを行います。木製チェア: 柔らかい布で乾拭きを行います。汚れがひどい場合は、中性洗剤を溶かしたぬれタオルで拭き掃除を行います。

2. フレームの掃除

フレームには、ホコリや汚れが溜まりやすいです。定期的に掃除機や乾拭きで掃除を行いましょう。

3. 金具のメンテナンス

金具は、経年劣化によって錆びたり、緩んだりすることがあります。定期的に確認し、必要に応じて錆び落としや増し締めを行いましょう。

4. 定期的なメンテナンス

メンテナンスを定期的に行うことで、リビングチェアの快適性を長く保つことができます。

関連特集