おすすめ培養土特集 おすすめ培養土特集
おすすめ培養土特集
初心者にもおすすめの培養土をご紹介!

培養土のことならコメリにお任せ!様々な花・野菜に使える培養土を取り揃えております。培養土をご自分で配合される方の為に、各種基本用土・補助用土もございます。

【お客様へ】一袋10L以上の商品は一部商品を除き、『店舗取り置き』のみとなります。ご了承ください。

おすすめ培養土

初心者でも簡単!お花を育てるならコレ!
花の生産者も使ってるプランター培養土

元肥入り

  • 元々肥料が配合されているので、そのまま使えて便利!

根腐れ防止剤入り

  • 過剰な水分による根腐れを防止して、根張りも抜群!

初心者でも簡単!お花を育てるならコレ!
農家さんも使っている野菜の培養土

VS菌入り

  • 有害菌の増殖を抑え、土壌の微生物環境を改善します。

バットグアノ入り

  • 野菜本来の色ツヤ、糖度を向上させ、おいしい野菜を育てます。

その他オリジナル培養土多数!

コメリではお客様の声を基に使いやすく、お買い得な培養土を多数開発しています。高品質を保ちつつ、お買い得価格な価格を実現しています。

培養土を探す

多用途の培養土から探す

多用途の培養土は『お花』『野菜』などの分類で色々な作物への使用が可能な培養土になります。万能な配合比率になっているので、寄せ植えや花壇など様々な植物を育てたい時に便利です。

花用培養土

野菜用培養土

花・野菜兼用培養土

専用の培養土から探す

培養土には種まき用や各種植物専用の物があります。それぞれの植物が最も好む土の配合になっている為、より簡単に育てることができるので、初心者の方も安心です。

種まき・ポット用培養土

種まき・ポット用の培養土は粒子が細かく揃っている為、種が発芽しやすい環境になっています。また、通気性に優れている為、種や根に充分な酸素を供給します。

観葉植物用培養土

観葉植物用の培養土は過湿を嫌がる観葉植物の為に、通気性・排水性に優れています。また長い期間楽しめるように、肥料もゆっくり長く効くタイプが配合されています。

その他専門培養土

コメリでは上記以外にもバラ・イチゴなど様々な専用の培養土をご用意しております。できる限り育てる植物に合った培養土を使いたいという方はぜひご活用ください。

基本用土・補助用土を探す

基本用土

植物を栽培する培養土のベースとなる土で、培養土の半分以上の割合を占めます。それぞれの植物の特性に合わせて適した基本用土を選びましょう。

赤玉土

多孔質・粒状

  • 通気性・排水性・保水性に優れ、育てやすい環境づくりが可能です。

弱酸性・無肥料

  • 多くの植物が好む弱酸性なので、培養土の配合にも最適!

鹿沼土

多孔質・粒状

  • 通気性・排水性・保水性に優れ、育てやすい環境づくりが可能です。

酸性・無肥料

  • 酸度が強いためツツジやサツキ、ブルーベリーなどに最適です。

黒土

土質が柔らかい

  • 腐植などの有機質を多く含み、根菜を変形させることなく栽培できます。

保水性・保肥性

  • 水分や肥料をたくさん必要とする作物にピッタリです。

腐葉土

通気性・保水性

  • 土壌内に空間を作り、通気性・保水性を向上させます。

土壌改善効果

  • 有機物を分解する微生物を多く含み、土壌環境を改善してくれます。

補助用土

培養土の関連商品

鉢底石

培養土を入れる前に鉢底に入れる事で、通気性、排水性を向上させます。根腐れを防止し、用土の目詰まりを防ぎます。

マルチング資材

土壌の乾燥防止や雑草防止効果が期待でき、見た目も綺麗に仕上がります。一部商品はハイドロカルチャー(水耕栽培)の植え込み剤としても利用されています。

ハイドロカルチャー(水耕栽培)資材

培養土を使わずに植物を栽培するハイドロカルチャー(水耕栽培)は管理がしやすく、清潔感があるので人気の栽培方法です。専用の資材を使って、ハイドロカルチャーを楽しみましょう。

その他関連資材

培養土の作り方

培養土は各種基本用土と補助用土を配合して作ります。作る時はこれから育てようとしている植物の好む配合割合にすることが大切です。配合例を基に最適な培養土を作りましょう。

培養土のQ&A

Q.培養土・赤玉土・腐葉土の違いは?

A.培養土は様々な用土を組み合わせて、植物を育てやすい環境に配合した土です。赤玉土や腐葉土は培養土を構成する用土の一種で、配合することで培養土を作ることができます。

Q.培養土が余ったら
次の季節に使っていい?

A.培養土は基本的に余らないように使い切るようにしましょう。培養土は時間の経過とともに成分が変化してしまうので、同じ土を使っても成分が変わり、良好な環境でなくなっている恐れがあります。現時点で余ってしまっている場合は、『古い土を再生する培養土』で培養土を再生させてから使うようにしましょう。

Q.培養土に栄養分は入っていますか?

A.多くの市販の培養土は元から肥料が配合されています。その為、購入後そのまま植え付けを行うことが可能になります。

Q.培養土の水はけが悪い場合は
どうしたらいいですか?

A.培養土の水はけが悪い場合は、土が固まりすぎて水の通り道が少ない可能性があります。まずは土を混ぜて柔らかくするなどの対応をしましょう。軽石などを混ぜる事で物理的に通り道を作ることも可能ですが、根菜などは石が邪魔で育ちにくくなるなどの懸念もあるので注意しましょう。

Q.培養土の重さは軽い方が良い?
重い方が良い?

A.培養土の重さは育てる植物によって変わりますが、一般的な培養土の重さは1L当たり400〜600gとなっています。重いと植え付けた苗が安定し、根の活着はよくなりますが、その分通気性が悪くなり根腐れを起こしやすくなります。反対に軽い培養土は通気性が良い代わりに、苗が安定せず根の活着が悪くなる可能性があります。

Q.一度使った培養土を
次の季節にもう一度使ってもいい?

A.培養土は一度植物を栽培すると、土壌の環境が変化し、元の土とは全く違う環境になります。もし使う場合は用土などを混ぜる事で、植物が育いやすい環境にしてから使うようにしましょう。

関連特集

プランター特集

プランター特集では、ホームセンター「コメリ」の通販サイトの取扱商品の中から、プランターに関するおすすめの商品を豊富に取り揃えています。その他、DIYやガーデニング、ペットをはじめ、お役立ち情報が満載。

プランター特集

ガーデニング特集

玄関前のガーデニングからお庭を豪華に見せるガーデニングまでご提案します。

ガーデニング特集

お庭づくり特集

お庭づくり特集では、ホームセンター「コメリ」の通販サイトの取扱商品の中から、ガーデニングに関するおすすめ商品を富に取り揃えています。お家のお庭を素敵に変身させてみませんか?この特集ではあなたの庭づくりを本格サポート。

お庭づくり特集

散水用品特集

散水用品特集では、ホームセンター「コメリ」の通販サイトの取扱商品の中から、花壇の水やりや洗車等幅広くお使いいただける散水用品をご紹介いたします。冬の凍結による買い替えやパーツの付け替えなどにも対応しています。

散水用品特集

農具特集

ホームセンターコメリの土農具特集では、土づくりに必要な鍬・スコップから収穫に必要な鋏だけでなく、雑草対策の道具まで幅広い用途にお応えします。また、家庭菜園用のショベルから畑作業のくわやはさみ、伐採作業のノコギリまで各種取り揃えています。

土農具特集

家庭菜園特集

コメリの家庭菜園特集では、土づくりから収穫までをサポート。初心者(ビギナー)の方から、畑の家庭菜園でご利用いただける様々な商品をご用意しております。土づくり、植付け、保温、誘引、防虫、殺虫、収穫などの作業に合わせた、資材や肥料、農薬、土までを提案いたします。

家庭菜園特集

園芸農薬特集

園芸農薬特集では、除草剤や殺虫剤、殺菌剤、忌避剤を取り揃えております。正しく使って、大切な野菜・お花を育てましょう。

園芸農薬特集

園芸肥料特集

園芸肥料特集では、植物に使う液体肥料や化成肥料、有機肥料などを扱っております。バラ用、芝生用等植物に合わせてお選びください。

園芸肥料特集