こたつ布団

おすすめこたつ布団

アテーナライフ 暖+シリーズ
抗菌防臭こたつ掛布団 ロブロイ ブラウン

吸湿発熱生地なので非常に暖かく、更に抗菌防臭加工なので気になるにおいや汚れを防いでくれます。シンプルな柄と色で様々な雰囲気のお部屋でご使用いただけます。

アテーナライフ
抗菌防臭こたつ掛布団 くろねこ ピンク

ツバキと黒ねこの可愛いデザインのこたつ掛布団になります。抗菌防臭加工なので気になるにおいや汚れを防いでくれます。子どもも一緒に使うこたつにはデザインがかわいく、衛生的なこたつ布団がおすすめです。

こたつ掛布団
ラディ オレンジ

かわいらしいギャッベ柄をモチーフにしたこたつ布団になります。様々なサイズがあるのでこたつのサイズに合う布団をお選びいただけます。

こたつ布団を探す

サイズ・形で選ぶ

種類で選ぶ

こたつ布団の選び方

お客様からよくいただくお問い合わせが、「こたつ布団」についてです。その中でも、「こたつ布団のサイズの選び方」についてのお問い合わせが多くなっています。そこで、今回は「失敗しない!こたつ布団の選び方」についてご紹介します。

こたつ布団はこたつのサイズ&形で選ぶ

まずは、ご自宅のこたつテーブルのサイズと形を調べましょう。(これから買う人は、購入予定のこたつテーブルのサイズと形を調べましょう)
コメリがおすすめするサイズは下記の通りになります。
こたつ布団は『テーブルのサイズ+110〜130cm』の物を選びましょう。ぴったりサイズなら+110〜120cm、ゆったりサイズなら+120〜130cmが良いでしょう。
こたつ敷布団は『テーブルサイズ+110〜130cm』の物を選びましょう。ぴったりサイズなら+110〜120cm、ゆったりサイズなら+120〜130cmが良いでしょう。
例えば、こたつテーブルの幅80×奥行120cmの場合
こたつ布団は幅190〜210×奥行230〜250cm
こたつ敷布団は、幅190〜210×奥行230〜250cm
となります。

こたつ布団の種類で選ぶ

こたつ布団は1種類しかなさそうなんですが、実は厚いタイプだったり、薄いタイプだったりと数種類存在します。
種類別に特徴を紹介します。

大判こたつ布団

定番のこたつ布団です。一番の特長は、やっぱり中綿がたっぷり詰まったボリューム感です。中綿がたっぷり詰まっていますので、暖かい空気を外に逃さず、保温性にも優れています。もうひとつの特長は、サイズ展開の豊富さです。小さなテーブルから、大きなテーブルまで、たくさんのサイズ展開があります。
一方、デメリットとしては、布団が厚いために洗いづらく、収納する際に場所をとってしまう点があげられます。

省スペースタイプ(省スペースこたつ布団)

どのこたつ布団よりも場所を取らない省スペースタイプ。
一番の特徴は、四隅に切り込みを入れることで、裾が広がらずにコンパクトにおさまる事です。こたつがコンパクトになることで、お部屋を広く使えますので、一人暮らしのご家庭や、ワンルームなどでも人気のタイプになっています。

ダイニングタイプ(ハイタイプこたつ布団)

ダイニングタイプのこたつに合わせるこたつ布団です。ダイニングテーブルと椅子とを組み合わせて使うタイプで、四隅(サイズによって真ん中部分も)が長い蛇腹状になっており、椅子のまま入っても、すき間が出来にくく、暖かい空気を外に逃がしません。現在では、ソファーに合わせた使い方や、立ち座りがつらくなってきたシニアの方々など、様々なライフスタイルの中で人気のタイプになっています。

上掛けこたつ布団

こたつ布団の更に上にかけるための、ふとんになります。こたつ布団のカバーの役割を果たすので、こたつ布団を汚れから守ることができます。こたつ布団の一番外にかけるものなので、おしゃれなデザインのものも多く、お部屋の雰囲気に合わせたものをお選びいただけます。

中掛けこたつ布団

こたつ布団の内側にかける布団で、外から見えない部分になるのでシンプルなデザインのものが多くなっています。また直接肌が触れるので肌触りが良くなっています。中掛けを使っていない方も多いですが、保温効果が高く、節電にもつながるので、おすすめです。

関連特集