盆栽(管理編)

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

はじめに・・・

何年も何十年もかけて、時には100年以上じっくり育てる盆栽。
マメな手入れが美しい芸術品を作り上げます。ここでは松盆栽の一般的な管理を紹介します。

盆栽の管理方法

盆栽の置き場所は?

日当たりが良く、風通しの良い所で、地面より80cmくらい高くして夜露のあたるところが理想的です。

肥料の与え方

・種類骨粉を少し混ぜたものに水を加えて練ります。潅水後、用土の上に置いて与えて下さい。市販されている油かすの乾燥固形肥料でも良いでしょう。その場合は、10号角鉢に4〜5個の割合が適当です。緩行性の化成肥料や、窒素成分の比較的少ない液肥を使用することも可能です。
・回数と時期年間の施肥回数は4〜6回くらいです。春は3、4、5月の各中旬頃に1回ずつ、夏から秋にかけては7月下旬、8月中旬、10月上旬に与えます。ただし、植えかえ後1ヶ月ほどは与えないようにして下さい。

水のやり方

水やりは、土の表面が乾きぎみになった時に与えます。春・秋は毎日1回、夏と冬は加減を調整して下さい。鉢の大きさや樹種によっても変える必要があります。

せん定

盆栽では、「せん定」は非常に重要。樹の大きさに合わせて葉を短くしたり、バランスを整える役割を担っています。

せん定の方法

冬芽が伸びた新梢をそのままにしておくと(図2)、それが長く伸び、新葉も8月頃まで伸びて「自然のままの長さ」になってしまいます(図6)。これでは盆栽としては葉が長すぎるため、長枝のもとの部分を少し残してきります(図3)。そうすることで、次に出る萌芽枝の数が増え(図4)、長さを短いまま保つことができます。

萌芽枝(次に出る芽)の葉の長さ 葉の長さ 葉の長さ 葉の長さ 葉の長さ 葉の長さ
新梢(長枝)を切る時期 6月上旬 6月中旬 6月下旬 7月上旬 7月中旬
萌芽枝の葉の伸長停止期 9月下旬頃←───────→10月中旬頃

新梢を切る時期によって、萌芽枝の葉の長さは上の表のように変わります。この性質を利用して、樹形を整えて盆栽の葉のバランスを自在にとることができます。

五葉松の方法

・五葉松は4月中旬頃から芽が伸び始めます。新葉が2〜3mm見えかけたら新梢の伸びはほぼ止まります。
・黒松のように芽摘みしてはいけません。
・9月頃に最終的に形を整えるようにせん定し、古葉を落します。

  次のページへ

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー