スモモの育て方

MEMO
スモモ・・・原産地:中国(ニホンスモモ)西アジア(ヨーロッパスモモ)

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

旬や米利

菜園カレンダー

スモモの育て方

年間作業カレンダー

年間作業スケジュール 甘味、酸味があり夏のさわやかな味覚として人気のある果物です。スモモには、ニホンスモモとヨーロッパスモモとアメリカスモモがあります。果樹として栽培されているのは、プラムと呼ばれるニホンスモモとプルーンと呼ばれるヨーロッパスモモです。

品種(ヨーロッパスモモ)

品種 成熟期 果重 糖度 特徴 受粉樹
シュガー
プルーン
9月上旬〜中旬 40g前後 14度 糖度が高く酸味が少ない品種です。豊産生で裂果が少なく栽培しやすいです。 自家結実性
スタンレイ 8月下旬〜9月上旬 40〜50g 15〜18度 糖度が高く酸味が少ない品種です。豊産生で大果種です。 自家結実性
サンプルーン 9月中旬 30g前後 18〜20度 糖度が高くて非常においしく、豊産で作り易いです。 自家結実性
バーバンク 9月中旬 80〜100g 14度 プルーンの中では果実が大きく、酸味が少なく食べやすいです。 受粉樹はある方が良い

品種(ニホンスモモ)

品種 成熟期 果重 糖度 特徴 受粉樹
ソルダム 7月頃 80〜100g 11〜14度前後 晩生種の中では品質最良で貯蔵性が高いです。 必要
大石早生 6月頃 70g前後 9〜11度前後 早生で暖地に向きます。短果枝が出来やすく花芽の付きが良いです。 必要
メスレー 6月頃 40〜50g 12〜15度前後 豊産生で自家結実性があり、作り易いです。 自家結実性
サンタローザ 7月頃 100g前後 15度 果肉は良くしまり、香りが良いです。 自家結実性

栽培条件

スモモ類は耐寒性があり、高温乾燥にも耐える為、全国で栽培可能ですが、開花期に霜に当たると結実しません。また、開花期と収穫期に雨が少なく、水はけと日当たりが良く土壌の深いところが適地です。スモモ類の育つ温度条件は、年平均気温が7度以上で、-20度〜-25度に耐えることが出来ます。 スモモ

植え付け

植え付け 植え付け直後に地面から50cm〜60cmの所で切り詰めます。
植え付けの方法はこちら

受粉

スモモは自家結実性の品種が少なく、受粉樹が必要です。プルーンは自家結実性が強いです。

管理方法

仕立て・剪枝・剪定

仕立て・整枝・剪定 主幹形仕立てにする場合、2年目の落葉期に新しく伸びた枝(新梢)を3分の1くらい切り詰めます。3年目の落葉期に同様に、3分の1くらい新梢を切り詰めます。開花し結実するのは2年目の枝ですので、短果枝を出させるようにします。

肥料

12月と9月に有機質肥料を施し、1〜2月に配合肥料を施します。

摘果

摘果 果実が多すぎると生長した時に実がぶつかりあい、大きくなれません。また傷付いたりします。
果実が親指位の大きさの頃に摘果を行います。

病害虫

病気

1.ふくろみ病

「症状」主に果実に発病し、発生すると幼果は、さや状の楕円になります。
「対策」【予防】冬期に石灰硫黄合剤の7倍液を散布します。また、発病した果実を早めに取ります。【治療】ホーマイコート、チオノックフロアブルを散布します。

2.灰星病

「症状」果実や花、枝等に発生します。腐散した部分が灰褐色の粉状に帯びます。
「対策」【予防】多湿にならないようにします。【治療】トップジンM水和剤やトリフミン水和剤等を散布します。

害虫

1.アブラムシ

「症状」新葉が縮れ、葉の裏側に巻きこまれます。枝の伸長が悪くなり、樹勢が衰えます。
「対策」【予防】とくにありません。【駆除】ベニカ水和剤やダントツ水和剤を散布します。

2.コスカシバ

「症状」幹や枝に幼虫が食入し、被害部から糞を出します。多発すると樹勢が衰え、胴枯れ病等を併発し枯れます。 「対策」【予防】成虫発生前にスミチオン等を幹に塗ります。【駆除】被害部を削り、中の幼虫を捕殺します。

3.カイガラムシ類

「症状」枝や幹に寄生するウロコに似たような白い虫です。
「対策」【予防】冬の休眠期にマシン油を散布します。【駆除】幼虫の発生期の5月上旬頃にスプラサイド乳剤を散布します。

※農薬はラベル等に記載されている使用基準に従い、適用のある作物に使用して下さい。

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー