テントとタープの選び方

テントやタープにはさまざまな種類があり、
何をそろえればいいのか悩んでしまう。
そんな人のために、ここでは選び方のヒントを紹介します。

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

テントの張り方

テントの種類

テントは使用人数に合わせて選ぶことが基本です。

画像 画像
ツーリングテント
バイクツーリングなどを想定して1〜2人用のコンパクトモデル。
軽量ながら高強度なのが特徴。
ドームテント
ポール2〜4本を組み合わせて建てる、最もベーシックなテント。
設営が簡単で、ビギナーに向いてます。
画像 画像
キャノピードームテント
ドームテントにキャノピー(タープのような屋根が作れる前室)がついたモデル。室内への出入りがしやすい。
2ルームテント
前室がスクリーンタープのようになっている2気室構造テント。
タープを設営しなくてもリビングが確保できます。

タープの種類

画像 スクエアタープ
ポール6本で建てる長方形をしたタープ。開放感があり、さまざまなアレンジで使うことができる。
画像 ヘキサタープ
ポール2本で建てる6角形のタープ。ポールの本数が少ないこともあって建てやすく、収納サイズもコンパクト。
画像 スクエアタープ
まずは敷く場所の寸法を測ります。巻尺は一般的なスチール製のコンパクトなタイプで十分です。タテ・ヨコの辺の長さを測りましょう。今回は玄関前のアプローチの一部分に敷いてみることにしました。

ポールの素材

テントやタープにはさまざまな種類、そしてグレードがあります。それを知る目安にもなるのがポールの素材です。
覚えておけば、賢いテント&タープ選びができるはずです。

画像 ジュラルミン
アルミに他の材料を加えて、弾性、剛性などの特性を変えたもの。
画像 スチール
しならせることができず、収納も大きくなるが、丈夫なのが魅力。
画像 グラスファイバー(FRP)
重いが、適度にしなり、復元力も高い。ジュラルミン等に比べてリーズナブル。

レイアウト

ファミリーキャンプのための、キャンピングサイト・レイアウトを紹介します。

画像 1.少人数型サイト
ヘキサタープは、人数が多くなると圧迫感がある半面、コツさえつかめば1人でもたてられるメリットがある。
3〜4人の比較的少ない人数なら、「ドームテント+ヘキサタープ」のサイトレイアウトがオールマイティで便利です。
画像 2.多人数型サイト
人数が4人以上になる場合は、有効面積が広いスクエアタープを使った「ドームテント+スクエアタープ」の組み合わせがよい。
画像 3.全天候型サイト
あらゆる天候に強い「ドームテント+スクリーンタープ」のレイアウト。
スクリーンタープは自立式なので風に強く、サイドパネルを閉じれば、雨の吹き込みも防いでくれます。
画像 4.コンパクト型サイト
設営スペースや荷物をコンパクトにしたいなら、「2ルームテント」です。前室が広いのでタープを張る必要がなく、狭い区画でも居住空間が確保できます。また、収納サイズはテントひとつ分程度なので、ラゲッジが狭い車でも安心して積めます。

関連情報

協力:コールマンジャパン株式会社

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー