タープの張り方

雨や紫外線から私たちを守ってくれるタープ。
今や、キャンプには欠かせないグッズの1つになりました。
倒れたりたるませたりしないように、
上手なタープの張り方をマスターしましょう。

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

タープの張り方

タープの上手なたて方

画像 1.
レイアウトをイメージしながら、たてる場所を考えて、タープ本体を広げます。
そして、折りたたまれたポールを継ぎ合わせて伸ばしていきます。
画像 2.
タープの前後両端にあるグロメットに、ポールの先端を差し込む。
そして、二股になっている張り網のループをポールの先端にかけます。
画像 3.
この時点でタープの位置を決定。
張り網をセットしたまま、いったんポールを地面に置き、張り網の位置を確認してペグダウンします。
画像 4.
二人で同時にボールを持ち上げ、タープを立ち上げます。
張り網を長めにしておくと立てやすいんです!
この作業は1人でもできます。
画像 5.
2本のポールの先端を結ぶラインが適度に張られているように、ポールの間隔を調整。
間隔が近すぎるとタープがたるんでしまいます。
画像 6.
両翼にある合計4ヵ所の隅に張り網をひき、それぞれをペグで固定します。
地面に対して60度〜90度の角度でペグを打つと抜けにくくなります。
画像 7.
ポールから出た張り網の角度は、ポールを狭んで左右45度ずつ。
張り網で作られる角度が90度になるのが理想的で安定した形状です。
画像 8.
両翼から出る張り網の延長線上にタープの頂点があれば、きれいに張れます。
シワやたるみがあると雨水が溜まり、漏れの原因になります。

関連情報

協力:コールマンジャパン株式会社

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー