日成ビルド工業「キュート」を使った
ミニログハウスの組み立て方

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

※こちらの商品は販売終了いたしました。
記事内では、取材を行なった当時に販売されていた商品を使用しており、現在販売しているものとは仕様等が異なります。
同等品等の案内は致しかねますので、ご理解のうえ、当情報のご利用をお願いいたします。
また掲載された情報または内容のご利用により、直接的、間接的を問わず、お客様または第三者が被った損害に対して、
弊社は責任を負いません。あらかじめご了承願います。
2畳分の収納庫だけど、見栄えも楽しめる「日成ビルドの『キュート』」。
手軽に組み立てられますので、その方法を手順を追ってご紹介します。
ログハウスのような造りで、杉の香りもしていい雰囲気ですよ。

1.用意するもの

・インスタントセメント
・コテ
・ハンマー
・レベル(水平器)
・メジャー
・ブロック(最低12個必要)
・バケツ(セメントを練る容器)
・カッター
・軍手
・電動ドライバー
・ペンチ
・コーキングガン
・シリコン(1本)
・ノコギリ
・アンカープレート(30cm)
・脚立
・スコップ
・補修ペンキ用のハケ
画像

2.基礎をつくる

1. 商品は部材ごとに梱包されているので、まず取り分けます。
画像
画像

>> アンカー工事 

2. レベル(水平器)を使って、水平なことを確認します。
敷地に匂配がある場合は、水糸などを引いて水平にします。
3. 基礎のコーナー4ヶ所の外側を掘り、アンカー工事をします。
今回、コーナー1ヶ所につき、4kgのインスタントセメントを使用しました。

3.土台を組む

1. 土台はそれぞれ加工しておりますので、あっという間に組めます。土台の外寸法は1790×1790になります。
この時点で対角寸法(2531mm)を確認します。
組んだら穴をビス止めしていきます。
画像
画像
画像

「キュート」は雨がたまらないような設計になっています。

※ダボ穴がある土台は、ドアがはまるので前側です。
※ビス類は種類の数も多いので、説明書を見て注意して使い分けましょう。

画像
2. スターターをはめ込んでいきます。
上からしっかり奥までビス止めしてずれないようにしましょう。ここがしっかりしていなと強度が落ちてしまいます。
※桁面の1枚目には、片面に溝加工していない桁スターターという部材がありますので、ご確認ください。
 
土台ができればあとは楽!

4.壁を組む

1. 壁を交互に組んでいき、ドア横壁が3〜4段目になったら、ドアを組み立て、ドア木枠に入れ込みます。

画像 画像
画像 画像
画像 画像

画像

画像
画像  
2. 7段目まで組んだら窓を入れ込みます。
3. 一番上まで組んでいきます。
   
高い所は脚立を使って、
2人以上で作業しましょう!
4. 山型パネルをはめ込み、棟木を取り付けたら、四隅に通しボルトを上から挿し込みます。
5. 棟木と山型パネルはビスでしっかり固定しましょう。
   

5.屋根を組む

1. 屋根はパネル式なので簡単に室内側より取り付けられます。
取り付けが終わったら、室内側より、下穴のあいた所定の位置にビスで止めていきます。
画像 画像
画像 画像
画像

画像

2. 屋根の上からも、しっかりビスを止めましょう。
3. 屋根のつなぎ目付近にコーキングを施し、
アスファルトシングル材を貼って、ビスで固定し、水漏れがないようにします 。
4. シングル棟用も同様に貼り付けて、ビスで
固定します。
5. シングル押さえ板と、破風板をビスで取り付けます。

6.残工事を行う

1. 床は、スターターから始めどんどん並べていきます。
3分ほどで並べ終わりますので、あとは、手で少し 「アソビ」をつけながら間隔を調整し、ビスで打ち込みます。
画像 画像
2. ドアの丁番を取り付け、ドアをはめ込み、マルミ枠をビスで木枠に固定します。 画像 画像

3.

ドア上飾り、窓上飾りをはめ込み、ビスで固定します。 画像 画像

4.

室内のタッチアップをします。 画像 画像
5. 完成しました!  画像 画像 画像 画像

協力:日成ビルド工業株式会社

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー