支柱・園芸ネット・根巻の使い方

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

旬や米利

1.農園芸支柱

(1)農園芸支柱が使用される場面と使用方法

a)作物の倒伏防止用、栽培仕立て用の柱として使用される。
b)1本支え、格子式、合掌式、アーチ式 などの仕立て方が一般方式。

農園芸支柱

(2)農園芸支柱に要求される品質

a)繰り返しの土中への抜き差しに対して、キャップが取れないこと。
b)作物と支柱を固定しやすい、ズレにくい。
c)支柱同士の仕立て(組立時)に固定しやすい。
d)長持ちする。
e)使用状況に応じた強度。

(3)セキスイ支柱類の特長

a)水密内キャップ方式で内側からの錆び・腐食の心配がありません。繰り返しの抜き差しにも耐えられます。
b)表面に独特の凹凸があり、作物との固定や支柱同士の固定も容易。
c)軽く、サイズが一定。取扱い、収納に便利。
d)農薬、肥料にも侵されにくい。
e)耐久性、作業性、経済性に優れています。

作物別による使用例

トマト キュウリ ピーマン ナス エンドウ豆

トマト

定植時に使用する支柱

イボ竹:φ16×1.8m、1本支え
ポイント:支柱と作物の固定は、8の字で結束し、茎に負担をかけない。
定植時に使用する支柱

着果時に使用する支柱

イボ竹:φ20×2.1m、1本支え+補強支え
ポイント:1本支え支柱をしっかり固定し、茎が倒れないようにする。生育状態に合わせて、その都度支柱と茎を結束固定する。
着果時に使用する支柱

梅雨〜収穫時に使用する支柱

イボ竹:φ20×2.4m+アーチパイプジョイント、アーチ式(雨よけ)
ポイント:トマトの花、実が雨に当ると実がつきにくくなり、裂果しやすくなります。雨よけ式の仕立て用支柱は強度のあるφ20に。強風時は、フィルムを外すように、しましょう。
梅雨〜収穫時時に使用する支柱

キュウリ

定植時に使用する支柱

イボ竹:φ16×2.1m、合掌式+ネット
ポイント:作物の固定は、ネット或いは支柱に軽く固定しましょう。 ネットは、たるみのないようにしっかり、支柱と固定しましょう。
定植時に使用する支柱

着果時に使用する支柱

イボ竹:φ16×2.1m、合掌式+ネット
ポイント:キュウリは、つるの伸びが早いので定植初期からネットを張り付けましょう。 成長したつるを所々ネットに固定し実がズリ落ちないようにしましょう。
着果時に使用する支柱

梅雨〜収穫時に使用する支柱

イボ竹:φ16×2.1m+φ20×2.4m、合掌式+ネット+支え支柱
ポイント:キュウリの草勢が強く、広く繁殖するので、大きくなってきたときには、支えの支柱で補強しましょう。実が多く付いてきた時も、しっかり親づるをネットに結束し、支え支柱で補強すると安心です。
梅雨〜収穫時時に使用する支柱

ピーマン

定植時に使用する支柱

イボ竹:φ11×1.2m、1本支え(苗用)

ポイント:支柱と作物の固定は、8の字で結束し、茎に負担をかけない。
定植時に使用する支柱

着果時に使用する支柱

イボ竹:φ16×1.5m、V字型支え

ポイント:親茎の根元で枝を2、3本に分け、その分支柱を増やして支える。
着果時に使用する支柱

梅雨〜収穫時に使用する支柱

イボ竹:φ16×1.5m、V字型支え

ポイント:茎の根元で2,3本の枝分けしたところから上に伸ばすに従って、V字に大きく広げるように整枝する。それぞれの葉が重ならないようにV字に広げることで、生育の促進と実の肥大につなげる。
梅雨〜収穫時時に使用する支柱

ナス

定植時に使用する支柱

イボ竹:φ11×1.2m、1本支え(苗用)
ポイント:支柱と作物の固定は、8の字で結束し、茎に負担をかけない。
定植時に使用する支柱

着果時に使用する支柱

イボ竹:φ16×1.8m、V字型支え
ポイント:親茎の根元で枝を2、3本に分け、その分支柱を増やして支える。
着果時に使用する支柱

梅雨〜収穫時に使用する支柱

イボ竹:φ16×1.8m+横支えφ11×1.2m、V字型支え
ポイント:茎が生育していくと、葉も大きくなります。出来るだけ葉が重ならないようにV字型に仕立て、内側を大きく開くようにする。V字の巾を保つために突っ張り横支えの支柱で固定すると、より安定します。
梅雨〜収穫時時に使用する支柱

エンドウ豆

定植時に使用する支柱

イボ竹:φ16×2.1m、合掌式+ネット
ポイント:作物は、ネット或いは支柱に軽く固定しましょう。 ネットは、たるみのないようにしっかり、支柱と固定しましょう。 ネットは、目の粗いもので十分です。
定植時に使用する支柱

着果時に使用する支柱

イボ竹:φ16×2.1m、合掌式+ネット
ポイント:定植初期よりネットをしっかり 張り付けましょう。つるが伸びていくと、 整枝しにくくなります。ポリテープなどでしっかり補強しましょう。
着果時に使用する支柱

梅雨〜収穫時に使用する支柱

イボ竹:φ16×2.1m+支えφ20×2.4m、合掌式+ネット+支え支柱
ポイント:つるが伸び、収穫時期になると、風の影響を大きく受けるようになります。支え支柱などで、しっかり補強しましょう。
梅雨〜収穫時時に使用する支柱
  次のページへ

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー