檜ウッドデッキの作り方

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

※掲載された情報または内容のご利用により、直接的、間接的を問わず、お客様または第三者が被った損害に対して、弊社は責任を負いません。あらかじめご了承願います。
画像

コメリオリジナル商品K+檜ディメンションを使用して
ウッドデッキを作ってみましょう。
檜だから水に濡れるところでも安心して使用できます。

用意するもの

  • K+檜ディメンション 19×89×2000mm × 8本
  • K+檜ディメンション 38×89×2000mm × 1本
  • K+檜ディメンション 38×38×2000mm × 2本
  • スリムビス (65mmが18本、50mmが88本)
  • 電動ドライバー(先端は+2サイズのビット)
  • のこぎり

1.木材をカットする

画像

木材(檜ディメンション)を、それぞれ下記の寸法にのこぎりでカットします。


番号 長さ(mm) 必要数
@ 19×89×979 11
A 19×89×998
B 38×38×979
C 38×89×238
D 38×89×200

2.脚を作成

画像

画像

CとDを片方の端を揃える様にビス(65mm2本)で固定し脚を6組作成します。

画像
ポイント
両方のビスを少しずつ交互に打たないと、隙間ができます。

画像

Bを2個の脚の上に乗せ、Bの両端でそれぞれ65mmのビス1本で固定します。
同じものを3組作成します。

画像

3.天板を取り付ける

画像

角を合わせ、手前・奥に1枚ずつ@を固定します。(50mmビス使用)

画像

残りの@を並べ、最後の2枚は合掌にして、上から押すと平らになります。指を挟まないように注意して下さい。
両端以外の板は、まだビス止めはしません。

4.幕板を取り付ける

画像
画像
画像

幕板を取り付ける準備としてAの木材に、下のように50mmビスを途中まで打ち、E・Fそれぞれ2本ずつ作成します

E・Fどちらも、向かって右端を20mm、左端を40mmの位置でビスを打ちます。


画像

まず、2本脚側にFを1枚50mmビスで取り付けます。

画像

Fを1枚取り付けたら、反対側から@を叩き、隙間を無くして下さい。


画像

隙間を無くしたら、@(天板)を全て50mmビスで固定します。@が1枚につき、ビスは6本使用。


画像

最後の一枚「E」

最後に、時計回りに「E⇒F⇒E」と幕板を側面に取り付ければ、完成です。

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー