シャクナゲの育て方 基本のお手入れ

シャクナゲ・・・ツツジ科原産国:ヒマラヤ園芸分類:常緑低木〜高木

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

シャクナゲ・基本のお手入れ

年間作業カレンダー

年間作業カレンダー 大きなボール状に咲き豪華で気品の有る花が魅力であるシャクナゲは、日本の高山に自生する日本シャクナゲ(和シャク)、欧米で改良されて日本に来た物を西洋シャクナゲと呼んでいます。

品種

日本シャクナゲ

品種名花色耐寒性耐暑性
ツクシシャクナゲピンク系-26度
屋久島シャクナゲ最初ピンク系後半白系-26度

西洋シャクナゲ

品種名花色耐寒性耐暑性
カロライン・アールブロック藤色-20度
ゴールデントーチ黄色-20度
サッフォー白に中心紫ぼかし-20度
ハイドン・ハンターピンク-20度
パープル・スレンダー濃紫-20度
プレジデント・ルーズベルトピンク系覆輪-10度

上記はほんの一例で、品種は豊富です。品種により、耐暑性や耐寒性が異なり、中には-2℃までしか耐えれない物もあります。
*置き場、潅水、肥料、その他管理については、四季にわけてご説明します*

病害虫

病気

1.灰色カビ

「症状」蕾や花に灰色のカビが発生します。

「対策」【予防】発病した蕾や花は摘み取り焼却し、伝染源にならないようにします。【治療】発病の初期から7日おきに数回、トップジンM、ベンレート、ダコニール等を散布します。

2.斑点細菌病

「症状」日照不足や葉が傷ついていたり等の原因で、葉ににじみ出たように斑点が多く発生します。

「対策」【予防】発病した葉は摘み取り焼却し、伝染源にならないようにします。【治療】ダコニールやオキシボルドー等を散布します。

3.すす病

「症状」葉や枝の表面に、真っ黒なすすのような物が発生し外見を損ね、光合成が出来なくなったりします。

「対策」【予防】この菌は、アブラムシやカイガラムシの排泄物を栄養源としています。アブラムシやカイガラムシを駆除します。【治療】ダイセン、トップジンM、ダイファーを散布しますが効果は一時的です。害虫を駆除すること。

害虫

 

1.ハダニ 発生期:4月〜9月

「症状」葉を吸汁し、その跡は白い斑点になり、ひどくなると葉の全体が白っぽくなります。

「対策」【予防】冬に石灰硫黄合剤を散布します。【駆除】ケルセン乳剤、アカ−ル等を散布します。 

2.グンバイムシ

「症状」葉の裏に3mm程度の小さな成虫が群がり吸汁し、葉が白いかすり状になります。葉裏に黒いヤニ状の排泄物がつきます。

「対策」【予防】風通しをよくし、時々葉水を与えます。【駆除】発生から1週から2週おきに2から3回、スミチオン、マラソン、オルトラン等を葉裏から散布します。  ※農薬はラベル等に記載されている使用基準に従い、適用のある作物に使用して下さい。

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー