2×4材で作るベンチ

画像

木材を使って何かを作る。
最初に思い浮かべるのが「ベンチ」だということは意外に多いのではないでしょうか。
そんな日曜大工の代表例でもあるベンチを2×4材だけで作りましょう。 長さ1200mmの2人用です。

※掲載された情報または内容のご利用により、直接的、間接的を問わず、お客様または第三者が被った損害に対して、弊社は責任を負いません。あらかじめご了承願います。
作業時間 作業時間:2.5時間
作業人数 作業人数:2人

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

用意するもの

材料

 
2×4材(長さ約1820mm) 9本
コーススレッドビス(65mm) 56本

道具

ドリルドライバー
ノコギリ(丸ノコがあればGood!)
鉛筆
曲尺

2.木取図 (単位:mm)

木材はこのようにカットして下さい。
なお、ここでは長さ約1820mmの2×4材のみ使用することを前提にしています。
ムダな端材が出ないよう、他の長さのものを使用することも可能です。
木取図

3.完成図 (単位:mm)

上の木取図をこのように組み立てます。
完成図

4.手順とワンポイント

画像
カットの一例

カットにも一工夫


材料を全てカットします。今回は1820mmの2×4材のみ使用していますので、木の取り方により端材が出ます。2×4材は他にも長さがいろいろありますので、合理的なカット方法を考えてみるのもいいですね。
画像
1箱500本入り
電動工具を使った木工作に便利なのは「コーススレッドビス」。汎用性があって価格も安いので、このように箱でまとめ買いしておくと良いでしょう。今回は長めの65mmサイズを使用します。穴を開ける位置に下穴を開けておくと「割れ」を防ぐことができます。
画像
均等に間を空けて

台座の組み立て


座面を支える台枠を組み立てます。正確にカッティングした(C)と(D)を使い、まずは「ロ」の字形に外枠を固定します。
画像
ハシゴ状になります
次に内側に支柱を入れます。この時、ただ適当に入れるのではなく枠の内側の長さを測って、どの位置にいれたら均一がとれるかを考えましょう。
画像
逆さまにして作業するとやりやすいですよ
まず2×4材の幅の中心に印を付けます。次に、4本の2×4材に付けられた印どうしの間隔をすべて均一に組みます。あとはビスで固定してできあがり。上手に整った形ができます。

  例)支柱取り付け間隔 (単位:mm)
支柱取り付け間隔  
画像
ぐらつかないようにしっかりと留めます

背面と足の取り付け


前側の脚を取り付けます。安定性を高めるためにもビスを真っ直ぐ打ち込みましょう。もちろん、脚を垂直に取り付けるのは言うまでもありません。
画像
今回は約30mmの間隔をとりました
背もたれ部分にもつながる後側の脚を取り付けます。ベンチを起こした状態で取り付けていきます。だんだんそれらしい形になってきました。

座面の組み立ては等間隔に並べていくことが必要。間を何センチ空けたら良いかを計算し、このように端材を挟んで並べていきましょう。ビスを打ち込んでいる間にズレないように注意します。
画像
片方を背中にあわせてナナメにしています
最後に背もたれ部分を取り付けます。あらかじめどの位置に取り付けるか印を付けておきます。木の表面を見て、滑らかな面を見せるようにすることもお忘れなく。
画像
完成!
完成!2×4材だけで作ったベンチが出来上がりました。直線基調でベーシックなデザインだから、どこにおいてもサマになりますね。皆さんもいろいろ工夫して下さい。
HowTo情報 一覧
メールマガジン会員募集!