おかげさまで70周年
70周年 記念企画開催中!
マイストア

おすすめ水槽特集 おすすめ水槽特集
おすすめ水槽特集
関連商品や飼育方法などもご紹介!

水槽のことならコメリにお任せ!おすすめの水槽を始め、水槽に関連するヒーターや照明、フィルターやお魚の餌まで多種多様に取り揃えております。初めてアクアリウムを始める方の為に水槽のセッティング方法や各種お魚の飼育方法までご紹介しています。

水槽の選び方

水槽

水槽を選ぶ際に重要なのが水槽のサイズになります。水槽のサイズは大きく分けて『幅が45cm未満の小さいサイズ』『幅が60cm未満の標準サイズ』『幅が60cm以上の大きいサイズ』の3つに分けられます。

小型水槽(幅45cm未満)

幅が45cm未満の小さいサイズの水槽はメリットとして『価格が安い』『水槽が軽く持ち運びしやすく、水の交換も楽』『関連機材などの価格が安い』などがあげられます。小さいサイズなのでスペースを取らないという点でも使いやすい水槽サイズといえます。初めて魚を飼う方はもちろん、手軽にお部屋のインテリアとしてアクアリウムに挑戦したい方におすすめです。

中型水槽(幅60cm未満)

幅が60cm未満の標準サイズの水槽は小さめのスペースでアクアリウムを楽しみたいけど、インテリアとして迫力を出したいという方におすすめです。標準的なサイズになるので、グッピーのような小さな魚なら最大で30匹近い魚を飼育できます。

大型水槽(幅60cm以上)

幅が60cm以上の水槽のメリットは『多くの魚を飼育でき、色々なレイアウトに挑戦できる』という点です。小さい魚なら最大で50匹近くの飼育が可能です。水草などの置物と組み合わせることで、非常に迫力のあるアクアリウムを作ることができます。本格的な迫力のあるアクアリウムを作りたい経験者の方におすすめです。

おすすめ商品

初めての方も安心のスターターセット!
Petami スペースアクア 水槽セット

Petami スペースアクア 水槽セット
  • Petami スペースアクア 水槽セット
  • Petami スペースアクア 水槽セット
  • Petami スペースアクア 水槽セット

お魚飼育の基本セットです。初めてでもお魚が飼えるスターターキットになります。美しく、輝きがあるガラス水槽でキズがつきにくい仕様になっています。
セット内容:水槽、フタ、水中フィルター、エアーポンプ、ビニールチューブ、バックスクリーン、カルキ抜き

水槽を探す

サイズから探す

魚の種類から探す

水槽スターターセットを探す

その他の水槽を探す

水槽関連機材・用品

カテゴリから探す

生き物の種類から探す

水槽 Q&A

初めての魚の飼育には何が必要?

おうちにやってくる金魚やメダカは、とっても疲れています。そんな魚たちがゆっくり休めるように、お魚がおうちにやってくる前に必要なものを揃えておきましょう。

準備しておくもの

お魚がこれから暮らすおうち(水槽)を、しっかりと快適な環境になる様に準備しましょう。

  • 水槽とフィルター
    しっかりとお魚を飼うには絶対必要。少しでも大きい方がお魚には快適です。
  • フード
    水汚れを抑えるものがおススメ。魚をキレイにしたり、産卵を考えたものを選びましょう。
  • カルキ抜き
    水道水の中の有毒な物質を中和無害化。できれば金魚専用の物。
  • 底砂
    好きな色、機能(水をきれいにする、コケを抑える)で選びましょう。
  • 照明器具
    魚の一日のリズムを作る為に必要です。省電力のLEDがオススメ。
  • お掃除グッズ
    専用のバケツ、クリーナーポンプ(水抜き)、コケ取り、フィッシュネットは、あると大変便利。
  • プランツ
    魚にやさしく、食べても安心。産卵の草にもなる天然素材のものがおススメ。

水槽のフィルターの掃除は必要?

ろ過マット、ろ過材などを使用した生物ろ過の場合、掃除をなまけると目詰まりを起こしてバクテリアに酸素が届かず、死なせてしまいます。きれいな飼育水を保つには、定期的にろ過材を飼育水で洗いましょう。また古くなったフィルターは定期的に交換するようにしましょう。

フィルター清掃
ワンポイント

フィルターの清掃や交換は完璧を目指さないようにしましょう。完全にきれいになるまで洗ったり、全てのフィルターを一挙に交換することで、ろ過材に含まれていたバクテリアなどが激減し、水質が大きく変わり、魚が死んでしまう可能性があります。

熱帯魚以外もヒーターは必要?

熱帯魚以外はヒーターは不要と考えている方もいますが水温の変化は、どんな魚にとってもストレスになります。病気にかかりやすくなってしまうこともあります。冬場はお部屋の中でも昼と夜では室温差があります。できるだけ魚用の保温ヒーターを使ってあげましょう。

ヒーターの選び方

水槽の大きさとヒーターの容量

ヒーター容量(W) 水槽の大きさ(cm) 水容量
50Wタイプ 小型水槽 約20リットル以下
75Wタイプ 小型水槽 約30リットル以下
100Wタイプ 45cm水槽以下 約35リットル以下
150Wタイプ 60cm水槽以下 約60リットル以下
200Wタイプ 75cm水槽以下 約120リットル以下
300Wタイプ 90cm水槽以下 約160リットル以下

※適合水槽の大きさは、周辺温度が10℃以上の環境の場合です。 10℃に満たない場合は希望水温にならない場合がありますので、注意してください。

砂利を入れるときの注意点は?

特に買ったばかりの砂は、きちんと洗いましょう。洗っていない砂利をそのまま使うと水が汚れてしまう事があります。洗い方は特に難しくなく、バケツの中にきれいな水と一緒に入れてすすぐイメージで大丈夫です。注意点として洗剤は使わない・水槽の中では洗わないといった点があげられます。土からできた底砂(ソイル)や一部の洗浄不要の砂は洗わずに使います。

魚の飼育方法

ペット関連特集

ページTOP△

弊社はCookieを利用し、Webの利便性向上に努めております。

Cookieの利用については、 こちらをご覧ください。

閉じる