2×4材で作る
アメリカンワークベンチ

作業時間 作業時間:5時間 作業人数 作業人数:1人

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

画像 2×4材と組み合わせて自由な工作ができる「2×4ベーシックス」シリーズ。
今回は「ワークベンチ」キットを使った例を紹介しよう。

作るのは作業台と棚がくっついたワークベンチ。デザインはシンプルだけど使い勝手は上等だ。
(室内で使うことを想定して、無塗装仕上げとなっている。)

※立風書房「ドゥーパ!」誌33号に掲載された情報を参考に作成しました。

※こちらの商品は販売終了いたしました。
 記事内では、取材を行なった当時に販売されていた商品を使用しており、現在販売しているものとは仕様等が異なります。
 同等品等の案内は致しかねますので、ご理解のうえ、当情報のご利用をお願いいたします。
 また掲載された情報または内容のご利用により、直接的、間接的を問わず、お客様または第三者が被った損害に対して、弊社は責任を負いません。
 あらかじめご了承願います。

1.用意するもの

・材料 ・道具
品名 個数 ドリルドライバー
ノコギリ または 丸ノコ
鉛筆
曲尺
・2×4ベーシックス「ワークベンチ」
(シェルフリンクス6個付き、必要なネジ類も付属)
・シェルフリンクス
・2×4材 6フィート(長さ1820mm)
・2×4材 8フィート(長さ2430mm)
・ベニヤ合板(1800mm×900mm、厚さ9〜12mm)
・コルクボード(600mm幅)

1
2
16
1
2
1

2.木取図(単位:mm)

木材はこのようにカットして下さい。
木取図

3.完成図(単位:mm)

上の木取図をこのように組み立てます。
完成図

4.手順とワンポイント(画像クリックで拡大)

画像
1.
ワークベンチキットの内容。がっしりとした樹脂製の脚のほか、組み立てに必要なビスや木ネジ類、クランプ、シェルフリンクス6本がついている。1箱買えばアイデア次第で様々な作業台ができあがる。
画像 2.
まずは天板を作ります。1168mmの板を4枚並べて、シェルフリンクスを打ち付けてください。板同士の間隔は9mmに設定してください。
画像 3.
木材をカットする。ここではノコギリを使っているが、丸ノコがあればより簡単・きれいに仕上げられるだろう。コメリの大型ホームセンターでは、木材カットサービス(有料)もあるので利用するのも手。
画像 4.
まずテーブル部分を組み立てる。脚部分には上段、中段、下段あわせて3段を取り付けられる。組み上げていくと意外なほどサイズが大きく重いので、組み立てスペースはたっぷり確保したい。
画像
5.
テーブル部分が完成した。2×4材とベニヤ合板だけで作られた物だが、これだけでも立派な作業テーブルとして活躍しそうだ。
画像 6.
さらに棚部分を作る。今回はキットに付属のシェルフリンクス6個を活用して3段の棚とした。下段〜中段の高さは1200mmをとっている。
完成!
画像
ついに完成したアメリカンワークベンチ。置き場所として似合うのはやはりガレージだろう。 画像 付属のフックと別売りのコルクボードを取り付けた。用途に合わせてこうした細かな工夫が使い勝手を向上させる。 画像 天板に道具も乗せられる。空き箱の整理にも活躍しそうだ。ちなみにモデルの身長は176cm。

関連商品:


参考資料:
立風書房/ドゥーパ!No.033(立風書房)
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー